• トップ
  • プレゼント一覧
  • 神戸市立博物館「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」招待券(ペア)

神戸市立博物館「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」招待券(ペア)

応募期間

2016年5月30日(月)~2016年6月15日(水)

当選者数

5組10名様

提供

株式会社ぜんまい

江戸浮世絵のツートップ 前代未聞の揃い踏み!

世界有数の浮世絵コレクションを誇るボストン美術館より

14,000枚の中から選りすぐりの国芳・国貞作品170件(約350枚)を出展。

ボストン美術館から両作家のこれだけの作品数を出展するのは1876年の開館以来初めて。

歌川一門でしのぎを削った兄弟弟子の国芳と国貞。

今後5年はお蔵入りする彼らの作品をお見逃しなく!

 

アメリカを代表する美の殿堂・ボストン美術館は、古今東西の優れた美術品を網羅する約40万点のコレクションで知られています。そのうち約10万点 を数える日本美術コレクションの半数以上を占める浮世絵の中から、江戸後期の人気絵師、歌川国芳(1797~1861)と、歌川国貞 (1786~1864)による錦絵170件を本展覧会で展示致します。

 

この2人は役者絵の巨匠・初代歌川豊国の門下で、江戸後期の錦絵黄金時代を築いた絵師です。国芳は不遇にめげず努力を重ね、当時日本でも大人気の 「水滸伝」を主題とする錦絵で一躍脚光を浴び、以降中国や日本の合戦や怪異譚を豪快かつ大胆に描いたものや、ユーモアあふれる戯画の分野で無双の表現力を 発揮しました。

国貞は、当時の歌舞伎界のトップスターたちと親交があり、役者絵の第一人者としての立場を確固たるものにします。美人画の分野でも時代の王道をいく表現を確立し、幕末まで浮世絵界の第一人者として活躍しました。

 

本展では、当時最大の娯楽・歌舞伎の演目になぞらえた二幕13章で構成されます。文化・文政期から激動の幕末期まで、競い合うように描き続けた二人 の巨匠、歌川国芳と歌川国貞。この二人の錦絵から、江戸の「俺たち」「わたし」が夢見た世界や、胸踊らせた娯楽や体験を実感してください。

また、神戸展ならではの魅力として、7月31日(日)まで全作品の写真撮影が可能です。(フラッシュ撮影は禁止です。)是非この機会にお越しください。