【Vol.18】アクセサリーブランド「joujou」川畑すあり・ひらかさん

 

 

他とはちょっと違う、インパクトのあるアクセサリーで人気の「joujou」
(ジュジュ)。今回は、joujouのオーナーであるお姉さんのすありさん、デザイナーである妹のひらかさんに登場して頂きます!!
ファッション雑誌でお二人のスタイリングが紹介されたりと、アクセサリーだけではなく、おしゃれなお二人自身にも注目★joujouを立ち上げた時のエピソードからおしゃれの秘訣までインタビューしてきました!

(写真:2007S/S商品)

 

 

★joujouを立ち上げるきっかけは?

すあり)私は、もともとインテリアの業界でOLをしていました。それはそれで意欲はあったのですが、毎日同じ様な日々で。それが悪いわけでないのですが、ファッションとかも保守的になっていく自分を私はつまらなく感じていたんです。そんな時に、知り合いに副業でアクセサリーを作っている方がいて。以前から姉妹で何か出来たらと思っており、私自身ひらかのセンスに注目していて、もともとアクセサリーが大好きだったという事もあり、「やってみよう」と、ふと思ったんです。

ひらかもちょうどその頃、雑誌のコーディネートの仕事をしていたのですが、将来について考え始めていた時だったので、副業でアクセサリーを作っていこう!と私が声をかけて二人で始めました。 (写真左:ひらかさん 右:すありさん)

 

 

★すぐ行動に移したのですか?

すあり)はい。思い立ったらすぐ行動するタイプなので。

でも、本当に何も知らなかったんです。チェーンを「装身具」と呼ぶ事も知らなかったくらい。まずはインターネットで色々調べたり、HPを作ってくれる人を探したりしました。

始めは、これまでの仕事をしながらやっていたのですが、その状態は2ヶ月くらいしかもちませんでしたね。joujouの仕事だけでは、当時贅沢できる程の収入はなかったのですが、睡眠も取れないくらいやる事があり、片手間に出来る事ではないと分かったので、仕事は辞めました。


 

★こんなに大変ならjoujouを辞めようと思った事は?

すあり)何回もあります!!(笑)

今はスタッフもいるし落ち着いて仕事に取り組めていますが、最初は備品が切れたら買いに行ってと、ありとあらゆる事を自分達だけでやっていました。

joujouの事で頭が一杯で、イライラして、妹とも彼氏ともしょっちゅう喧嘩をしていましたね。「辞めたい、辞めたい」と泣き言ばかり言っていたし。幸せになる為にやっているのに、しんどい事ばっかりで。体重も7kg程落ちました。

 

 

★それでも辞めなかったのはなぜ?

すあり)母は私を心配して辞めて欲しいと思っていたようですが、「1%の後悔もないなら辞めなさい」と言ったんです。私は一晩考えてみたのですが、その時に「まだ辞める時ではない、1%の後悔もないワケではない」と思ったんです。

それと、人気が上がってきていた事が支えでしたね。期待してくれている人に答えなければという思いが強かったです。

 

 

joujouを始められたのは3年前、すありさんが24歳、ひらかさんが22歳の時。

すあり)本当に何の知識もなかった。経営の事も何も分からなかったし。
ぶつかって勉強、ぶつかって勉強、その繰り返しでした。

(写真:取材時すありさんがつけていたアクセです)

 

【joujouを始めた最初の頃は・・・】
サンプルを見た人からの注文が入ったら作るという方法でやっていました。
だんだんと注文が増え、30個50個と自分達で作れない状態になってきたので、内職さんの募集をしました。

「手先の器用な人募集」ってチラシを作って、近所のマンションにポスティングしました。
面接もして、1個いくらで作って下さいと。内職業者も通さず、独自の方法で全て自分達でやっていました。

 

【次の段階・・・】
オリジナルパーツを簡単なものであれば作れる業者を見つけました。
でも、「こんな難しいのは無理ですよ」と、希望のデザインの8割方出来ないと言われて・・・描いたものがまだ形に出来ない状態でした。

それに、材料を仕入れる会社とは取引できる様になったのですが、膨大な種類のパーツの中から、自分達が好んで使うパーツって限られていて・・・。だから3シーズン目とかになってくるとそのパーツがなくなってきていたんです。

 

【そんな中いろいろな困難が重なり・・・】
プツンと糸が切れた様に落ち込みました。パーツはないわ、やり方はわからないわ、メーカーさんには、イメージしたものの8割方作れないといわれ、彼氏とも喧嘩するし、ひらかとも仲が悪くなるし・・・。と、良くないことが重なって。

この時が「1%の後悔もないなら辞めなさい」と母親に言われた時期です。
一番しんどい時期でした。

 

 

あの時諦めなくてよかった・・・・

すあり)その母親に言われた夜、「何か見つからないかな?」と、無心に夜中からずっと
インターネットを見ていました。夜通し見ていて、朝の7時くらいにある工場を見つけたんです。そこが、私達の求めているものにバチッとはまる様な工場で。
「明日の朝電話してみよう!」と即電話しました。

その工場が今取引している工場です。
求めれば与えられるものだと思いました!!

その工場から、専門の業者さんが見つかったりと道が広がっていきました。
こういうパーツを作って欲しいと言っても、「出来ない」と言われ、2年程過ごしていたから、今の様に絵に描いたものがそっくりそのままパーツとして出来上がる、その感動はすごいですね。あの時に諦めていたら、「そこまでだったんだな」と今でも思います。

 

 

★工場やメーカーに取引の依頼をしに行った時、相手さんはすんなり取引をしてくれたんですか?

すあり)joujouを立ち上げた当初は、もちろん取引してもらうために「お願いします」って頼み込んでいました。「全部現金取引でやるんやったらえーよ」と言ってもらって、当時は「子供が二人来た」みたいな感じで思われていたと思います。

今の業者さん見つけたのは、joujouを始めて2年くらい経ってからなので、本当に最近なんですよね。ある程度joujouが確立してから出会ったので、今の業者さんは2つ返事で取引して下さいました。物を作っていくうえで、やはり業者さんとの付き合いもすごく大切だと実感しています。

 

★デザインはお二人でされているのですか?

すあり)もともとは私とひらかと半々でデザインをしていたのですが、それぞれ、得意分野に力を入れていこうと、今は主にひらかがデザインを担当しています。
(写真:取材時ひらかさんがしていたアクセです)


 

 

★デザインはどの様にして生まれるのですか?

ひらか)例えば、箸置きとか、サッカーの試合を見ていて、選手の着ているユニフォームの色合いがかわいいな、とか。色んなところからデザインのインスピを受けます。
何に対しても自然とそういう見方をしているのでしょうね。

 

 

★デザインでjoujouらしさを意識している事はありますか?

ひらか)「~~すぎない」という事を意識しています。ハートモチーフの様なかわいらしいものも、「甘すぎない」様に少しクールにデザインしたり。トレンドに関しても意識はしているけども、それが「そのまま」出ない様にしています。

 

 

★デザインに関して、苦悩した事はありますか?

ひらか)もちろんあります。でも、お客様に喜んで頂いたり、時間と共に、「デザインに関しては、誰の意見にも左右されずに、自分がいいと思ったものを作っていけばいいんだ」と思える様になり、今は「こうやったらウケる、こうやったら売れる」と迷わずにどんどん自分の感性でトライしています。

 

 

★今、大変だと思う事は?

すあり・ひらか)最初は二人でやっていましたが、今は社員さんもいて皆さん頑張ってくれているので、その社員さんの分やお取引先様の責任まで今は背負っていると思いますので、自営業としての重圧、しんどさは、やり続けている限りあるんだろうな、と思っています。

 

 

★やりがいは?

すあり・ひらか)やっぱり楽しい!!刺激がある世界だし、ファションの業界が好きです。

そして、応援して下さるお客様の声。あと、例えば大手百貨店やセレクトショップでも、joujouのアクセサリーを扱って下さる様になったりと、ビジネスとして道が開けた時ですね。

 

★お二人は姉妹で一緒に過ごしておられるそうですが、プライベートでも仕事の話しはされますか?

すあり)joujouを始めた頃はひらかは22歳と、若かったので「仕事が終わったら仕事の話しせんといて~」と嫌がって嫌がって(笑)今はそんな事はないですね。仕事の話しも恋愛の話しも同じテンションでしています。
(写真:取材時のお二人のネイルです)


 

 

★仕事をする上で心掛けていることはありますか?

ひらか)オンとオフの切り替えをしっかりする事です。仕事ばっかりになってしまっても、他の事を吸収できないので。遊ぶ時はしっかり遊ぶ、仕事する時は仕事に集中するようにしています。

すあり)休みないでしょ?とよく言われますが、休みはちゃんと取っています。金曜日は、たとえ何時になっても仕事を終わらして、土日はしっかり休む、とメリハリをつけています。ストレスをきっちり落としていかないとモチベーションも上がらないので。

あと、joujouの規模はお蔭様で、だんだんと大きくなってきていますが、お客様との距離は遠くならないように、メールがきたら返信しますし、注文時にメッセージを書いて下さっている方には、直筆で葉書を書きます。そういうコミュニケーションを取れる距離のところから始めたので、ずっと顧客様等のお名前の分かる距離感でいたいと心がけています。

 

>>5/29に続く

 

インタビューを終えて
スラッとしていて本当にスタイルのいいお二人。食べても太りにくい体質だとおっしゃってました!羨ましい~。。「少し太ったかな?」と感じたら間食をしないようにするんだそうです。それが分かっていても辞めれないんですよね・・・。
次回は、お二人のおしゃれの秘訣やお気にいりのお店についてなどをお届けします!!


joujouのアクセサリーはjoujouのHP、セレクトショップで購入できます。
詳しくはjoujouのHPを
http://www.jou-jou.com/