【VOL.27】アーティスト kent FUNAYAMA さん No.2

 

 

引き続き、黒ぶち眼鏡がトレードマークのアーティスト・Kent FUNAYAMAさんにお話を伺います。夢に一歩ずつ近づいていく様子が、ひしひしと伝わってくるお話。悩んでも、立ち止まってもいい。自分のペースで、自分のやり方で、前に進むことの大切さに気付かせてくれます。

 

 

★デザインを始められたのは?

これも独学なんですが。自分がDJをするクラブイベントのフライヤーを作るために始めました。イラストも好きで描いていた絵を披露する機会があって、そこからちょこちょこ声かけていただけるようになったんです。音楽もデザインも好きでやっていますが、音楽活動が軸にあるのは間違いないです。

 

 

★小さいころから表現することに興味が?

あんまり活発という性格ではなく、内気というか。…内気って自分で言ってもいいんでしょうか(笑)。まあ、想像ばっかりしているような感じでしたね。今もそれが原動力ですね。

 

 

★ガツガツ突っ走る感じではないですね(笑)。

でも、やりたいことの情熱はすごく持ってると思います。コミュニケーションが苦手な部分があって…、こんな活動しといて言うのもなんですけど(笑)、そんな中で、まじめに音楽に取り組んで、妥協せずに作った結果、たくさんの人に聞いてもらえるようになってきたんだと思ってます。


 

 

 

★これからの目標は?

やっぱり音楽でごはんが食べられるようになれたら…。難しい世界ですけど。その思いはずっとあります。実は18歳からサラリーマンをしていて、2年前に辞めたんです。音楽をするためだけに、と言えれば格好いいんでしょうけど、体調崩したり、いろんな条件が重なって。思い切って決断しました。

 

 

★勇気のいる決断だったと思うのですが…。

仕事しているときは、よくいえば両立だけど、どっちにも言い訳できる状況だったので。このままの生活を続けると、どっちも中途半端になってしまうと思ったんです。それで、こうなったら音楽をやれるところまでやろうと。現実的に言うとサラリーマンをしているほうが経済的には楽ですし、ゆとりはあるんですけど、自分らしさという面からすると、今やっと、自分らしく生きている感じがします。

 

 

★そこから作るものは変わりましたか?

会社を辞めてからは、置かれた状況の中で一生懸命やることだけを考えていました。歌うことに対してもそうですけど、作る音楽も一歩前進した気がします。段階を経て、少しずつ、自分らしい生活というか、生き方に迷いがなくなってきて…。そういう部分が音楽に強く反映されているとは思います。それでも、考えをめぐらすとすぐ眠れなくなるんですが(笑)。

 

 

 


★眠れなくなるほど考えることって?

これから不安だなとか。あのとき、こう言っておけばよかったとか。別にネガティブだとは思ってないんですけど…、ホンマ何考えてるんでしょうね(笑)。将来の不安や生活そのもの、人間関係、恋愛…、恋愛とか僕、使ってもいいですか(笑)。 家族、友人、自分に関わってくれる回りの人のこととか…。ちょっと言い過ぎたかなとか、心配かけたなとか、時には腹も立ったり。皆さんも一緒だと思うんですが、その時間が長く、深いんだと思います。

 

 

★一歩一歩立ち止まって、突き詰めるんですね。

それが自分のやり方というか。僕はじっくり考えることが大事だと思っていて。本当は何事もスムーズにやるのが理想かもしれませんが…、なかなかそうはできない。自分にウソをつかずに、じっくり答えを出していきたいという思いはあります。音楽に限らず、生活でもそう。そういうものに手を抜くと、音楽も伝わらないと思っているので…。しんどいのはしんどいですけど。ライブをしていたって、僕は自分自身でしかない。一つひとつのことに、真面目に、誠実に向き合いたいと思っています。

 

 

★もう考えるのをやめたい!と思うことは?

ありますよ、逃げ出したいと思うことも。でも誰でも、何かを抱えてますよね、だからこそ通じるのではないかなと…。それが自分の音楽だと思っています。それに、悩みきらないと答えがでない。はっきりとした答えが出るというよりは、とことん落ち込むことで見えてくるものがあるというか。そうしていたら、不思議と前向きになれる話が訪れるんですよね。一生、それの繰り返しなんだと思います。たとえ状況が変わっても、そうでありたいと思ってますし。

 

 

★真摯であり続けることが大事、だと。

本心では有名になりたいという気持ちもあります。今回の「エコフェス」でご一緒した坂本美雨さんたちを見ていて、憧れる気持ちも強く湧きましたし。そういう中にあっても、自分は自分らしく、夢に向かって近づけたらいいなと。


 

 

 

★写真や絵の個展もされてるんですよね。

会社辞めた後にいろいろチャレンジしようと思って、写真を撮ったり、絵を描いたり。それも発表する場をちゃんと持ちたいと思って。東京でライブをしたときに銀座のギャラリーで写真展をさせてもらったり。絵も音楽と一緒で、明確なテーマがあるわけじゃなく、何気なく感じたものを描いてます。人物とか、かわいいような怖いような絵。何かひっかかるものがあればと思って。

 

 

★最後に、PRしておきたいことを。

ライブのブッキングやデザインワーク、随時受け付けています。サイトやブログのギャラリーでも作品紹介しています。興味を持っていただいた方は、ぜひよろしくお願いします。


 

 

 

★インフォメーション★

ライブ●11月22日(土)18時~、大阪・雲州堂でのライブ「sora umi blue」に高松のカフェ「umie」で出会った仲間と登場。青い空に浮かんでいるような、ゆったりしたひとときをどうぞ!
詳しくは http://usugirider.exblog.jp/9443850/
<12月の予定>
12/20(土) 京都weller's club(京都)
12/23(火・祝) umie(高松)
12/30(火) Cafe-Le-Ciel(西宮)

CD販売●神戸ファッション美術館3階ミュージアムギャラリーで視聴&購入できます。
Kentさんのサイトでも通信販売OK。

ホームページ http://kentfunayama.com/
ブログ「USUGI rider」 http://usugirider.exblog.jp/

 

 

>>>おわり
アーティスト kent FUNAYAMAさんのインタビューはこれで終わりです。

 


 

 

インタビューブレイク

“Kentさんのいいところは、いやらしさがない、欲がないところ。だから音楽も純粋」とは、彼をよく知る方の弁。
何事にも真摯に、真面目に取り組む姿勢は、見習いたいところです。生まれも育ちも神戸というKentさん。
神戸発の“ピュアミュージック”、もっともっと広がってほしいと心から思います。
 

 

取材日:2008年11月10日

市内在住ライター。暮らしの中で接するあらゆる人の話に、ひっそりと息づく小さな真理。そんな“人生の知恵”に励まされ、癒される毎日です。
インタビュアー:中山 純子