ファッションリメイクコンテスト

第3回神戸ファッションリメイクコンテスト一次通過者の作品紹介7

  色々な思い出が蘇る・・・!  

 

リメイクに込めたメッセージ   message for remake

母は祖母の着物を時々着ますが、中にはシミや色あせ、柄が渋すぎて着られないものも多々。そこで洋服にリメイクすることにしました。祖母の着物を母や私が着ることで着物を再び生かすことが出来、家族の絆も再確認できると信じています。    My mother sometimes wears my grandmother's kimonos but some of them can not be used due stained or faded. So I decided to remake them into clothes.  My grandmother's kimono can be revived by being worn by my mother and myself in a different format. I believe this reassures the bond of my family.


リメイクファッションの魅力    the charm of remake-fashion


自分の服を子供に、夫の服を自分に…と再利用することで生地に思い出や味が出てくる。小さな生地のパッチワークを見て「この生地は…」と色々な思い出がよみがえる。生地もきっと何度も役に立つことで喜んでいると思います。    My clothes to my children,  my husand's to mine―everytime I remake a cloth, the cloth gets interesting more and more. When I saw small piece of patchwork it recalles my old memories. I guess cloth would be proud of itself when it is recycled.

本コンテストに期待すること    what I expect for this competition

普段はなかなか自分の服を作る時間がとれないので「コンテスト準備」と称して、自分の物を思いっきり作ることができます! 自分のことを大事にすることが出来る貴重な時間をもつことができます。ありがとうございます。    Usually, I don't have time to make my own clothes but I could do this at this time as  "the run-up to the competition". I would have a valuable time that I can take care of myself. Thank you.