ファッションリメイクコンテスト

第3回神戸ファッションリメイクコンテスト一次通過者の作品紹介12

  ジーパンとレースカーディガンが時の贈り物  

 

リメイクに込めたメッセージ  message for remake

20代の頃に古着のジーパンに母の若い頃の綿レースカーディガンを合わせて着ていました。そのジーパンを解いた時見えた藍の色にハッとしました。その藍の色の移り変りの美しさは、時の贈り物のように感じています。     In my 20's, I used to wear old jeans with my mother's knitted cotton lace cardigan she wore when she was young. Colour of indigo I found when unravelling the jeans grabbed me and beautiful gradation of indigo gave me an impression it is like a gift from the flow of the times.


リメイクファッションの魅力    the charm of remake-fashion


若い頃、よく着ていたものには、たくさんの“想い”が残っています。リメイクすることは、ものを生かすと同時に、その“想い”も今に生かしていくことにつながっていくのを感じています。そして、それは…「20代の頃もいいけれど、40代の今もいいものだ…」と再確認させてくれるのです。リメイクを通して自分と向き合っています。    There is so many "thoughts" in clothes which I was used to wear when I was young. Remake brings thought in the past to the present and this makes me feel the 20's was good but the 40's is even much better. I face to myself through remake.

本コンテストに期待すること    what I expect for this competition

ファッションを通して、ものを大切にする心。ものを生かしていく楽しさを、ひとりでも多くの人たちに感じてもらえるよい機会となることを、本コンテストに期待しています。    I expect this competition will be an opportunity for people to feel joy in keeping things longer through fashion.