ファッションリメイクコンテスト

第3回神戸ファッションリメイクコンテスト一次通過者の作品紹介11

  子供達に編んだあの頃の物 愛しい  

 

リメイクに込めたメッセージ  message for remake

自分の着なくなった物。子供達に編んだあの頃の物、とても処分する気になれません。あの頃の思いを新たに編み込んでしばし幸せなのです。沢山の毛糸数は私の絵の具、縫合わせを楽しんでおります。

I do not feel I can dispose of what I no longer wear, what I knit for my children in those days. So now I enjoy  happiness of knitting those old memories into the garment. Colour variation of knitting yarns is my paints, that gives me fun of patching work.


リメイクファッションの魅力    the charm of remake-fashion


放っておけば一本の糸、単なるガラクタ。それらが命を得て、再び輝く喜び。ファッションに限らず家具も造ります。    If we don't take care, it's just junk but the junk can shine again. I make not only clothing but furnitures.
 

本コンテストに期待すること    what I expect for this competition

この様なコンテストは消費社会に於いて大変意義あるものと思います。全国的に注目を集め、使い捨ての意識を改め創意工夫の生活をしたいと思っております。    I think this competition is very meaningful in such a consumer society. I'd like this competition to attracts people's attention and make them think about what we people usually waste in our daily routine.