ファッションリメイクコンテスト

第1回リメイクコンテスト

 

 

第1回神戸ファッションリメイクコンテスト

結果発表
審査会の模様はこちら
※クリックするとジャンプします。

 

北は北海道、南は沖縄、海外はロンドンより500作品を超える応募を頂き有難うございました。
一次審査に寄せられたデザイン画、リメイクに込めたメッセージなどの書類選考が2010年7月8日、神戸の若手審査員により公正な視点で実施され33作品が選ばれました。

そして、二次審査を2010年9月7日行い、大賞として神戸市の西尾奈緒さんの作品が選ばれたほか、神戸市長賞(1点)、うならせ賞(3点)、再輝賞(3点) の計8作品が選ばれました。

 

 

副賞 賞金10万円

西尾 奈緒 さん 兵庫県神戸市

 

高田審査委員長よりコメント

神戸では、母から子へ受け継がれるファッション文化があります。その流れを受け継ぐ様に、おばあさんの古くなったレインコートと傘をリメイクし、新たなレインコートが出来上がりました。派手さはないですが、きっちりと上品な作品に出来上がっています。
リメイクに込めたメッセージ
祖母の型の古くなったレインコートと、私の折りたたみ傘を利用して、雨の日が楽しくなるようなレインコートを考えました。長袖のレインコートでは暑いので、半袖のティアード状にします。

 



副賞 『神戸の新商品』認定「エコケア」(神栄テクノロジー(株))

 

吉川 利佳 さん 神戸文化服装学院(兵庫県)


 

加島審査員

大切に着てきた服で、なかなか捨てられないものを手元に置いて使えるバックに変えられたところが良かったと思います。デニムの外枠と春夏、秋冬の2つのバージョンで年中使えるように工夫されたところも評価されました。使いやすそうなバックに愛着を感じます。素敵な作品を有難うございます。

リメイクに込めたメッセージ

様々な理由で、着用しないのに捨てる事ができずにいた服。それを自分で手を加え、新しい形に生まれ変える事により、新たな思いも深まり、自然と物を大切にする事になっているのがステキだと思います。

 


 

 副賞 ファミリアベアーL/Sのセット1((株)ファミリア提供)

 

田村 修絵 さん 茨城県板東市


 

関審査員

親子で楽しめるリメイクファッションがとてもよかったです。ママならではの着やすくするアイディアと、浴衣のトレンド性がうならせました。

リメイクに込めたメッセージ

この時季、絶対ほしいのが浴衣。箪笥のこやしになっているママの浴衣をリメイクして親子でワンポイントコーディネート。周囲の目線は赤ちゃんに。そしてさりげなくママも寄り添うおそろい服。普段着づかいなのもゆずれません。

 


 

 副賞 フェリシモ500色のクレヨン((株)フェリシモ提供)

 

碓井 南 さん エスモード・ジャパン(東京都)


 

関谷審査員よりコメント

色鮮やかな作品ですが、品の良さが神戸らしい!と思いました。女性の凛とした強さを感じます。賞品の「500色のクレヨン」で、今後も創造力あふれるアイディアを発信してください。

リメイクに込めたメッセージ

着なくなったドルマンスリーブのシフォンシャツとロンパースを組わせてサルエル風のパンツにしました。ベルト部分は太くしてシャーリングにしました。

 

 


 

 副賞 オニツカタイガー シューズと秋冬新作ジャケットペア((株)アシックス提供)

 

深津 研人 さん エスモード・ジャパン(東京都)


 

歳森審査員

日本の伝統とモダンテイストの融合、繊細さと洗練さから放つエネルギッシュさが印象強く残りました。オニツカタイガーが誇る歴史と、深津さんのクリエーションが反響し「うならせ賞」を贈らせて頂きます。

リメイクに込めたメッセージ

袴ドレス(変化)主に男性においてもちいられ、礼装とみなされてきた日本の伝統ある和装を、現代女性のモードなワンピースドレスにリメイク。袴の深いタックを活かし、簡単な作りで、色々なき方が出来る袴ドレス。

 

 


 

 副賞 百貨店共通商品券20,000円相当(そごう神戸店提供)

 

松成 樹人 さん 大阪モード学園(大阪府)


 

藤原審査員

上下全く違うものを単に組み合わせるだけでなく上手に組み合わせてワンピースにした完成度の高い作品です。ティアードスカートやレースなどのトレンドも取り入れ、袖や丈の工夫など実際に着用できるデザイン性が評価されました。

リメイクに込めたメッセージ

今流行りのダンガリー風にし上下繋げてワンピースにした。ポイントはスカートの丈と袖が左右違う為、見る方向によって雰囲気が変わるところと、肌がセクシーに見えるように大胆に開けた胸のレースアップの部分です。

 

 


 

 副賞 レザーシャツジャケット((株)スタニングルアー提供)

 

釜谷 紀行 さん 福岡大村美容ファッション専門学校(福岡県)


 

高柳審査員

「最初に買ったライダース」「高校生のときお気に入りだったカーゴ」思い入れの強いアイテムが新しいお気に入りとしてよみがえる。これはリメイクの醍醐味ですね。ほかの作品にはない、材料の革や生地をリペアしたり、染めたりしてから使う。というところも、物への愛着が感じられます。

リメイクに込めたメッセージ

自分が高校生の時にお気に入りだった色あせたカーキのカーゴパンツと最初に買ったレザーのライダースを合わせてミリタリールックなライダーズにしました。全体的にあせているので、染めや汚れを使ってユーズド感を出す。

 

 


 

 副賞 「スリクソン」硬式テニスラケット(SRIスポーツ(株)提供)

 

武智 弘美 さん 兵庫県神戸市


 

審査員よりコメント

世界中の旅先で購入した服、布、民族衣装を組み合わせ、さまざまな着こなしができるリゾートドレスに生まれ変わりました。開港以来世界からさまざまなモノや文化を受け入れて来たインターナショナルな街神戸らしいリメイクです。

リメイクに込めたメッセージ

世界中の旅先で買い求めた服や布や民族衣装でクロゼットはパンク寸前!処分するよりも、旅の思い出をつないでドレスを作ります。題して「世界のパワーとハッピーを身にまとう、ファビュラス!なリゾートクィーンドレス」です。

 

 


 

 

一次審査通過作品

 

宮本 要子 さん
北海道札幌市

リメイクに込めたメッセージ

いかにもリメイクとわかる物を着たくはないので、丁度姉と母がそれぞれ昔きていたワンピースの色見がにていたので、それに一部レース等新品を加え全く違うデザインのスカートを作りました。


 

 


 

 

石崎 紀美子 さん
兵庫県神戸市

リメイクに込めたメッセージ

タンスの中に埋もれているスカーフを使います。鋏は一か所で縫い上げます。ブラウスに使用。又は元のスカーフとしても使えます。冷房時の便利グッズになります。大判のスカーフならワンピースにも出来ます。前後無で自由に着れます。


 

 


 

 


星野 真理子 さん
エスモード・ジャパン(東京都)

リメイクに込めたメッセージ

「スーパープリティリボーン」(RIBON)と(REBORN)をかけて今よりもっと可愛くうまれかわるというテーマのリメイクです。大きなリボンやたっぷりのフリル、スウィーツモチーフ等女の子の大好きをちりばめたワンピースです。


 

 


 

 


豊田 祐未 さん
エスモード・ジャパン(東京都)

リメイクに込めたメッセージ

家族の為に働く父が身につけているネクタイ。それは絹で出来ており、かつ柄のデザインも洗練されたものが多いにも関わらず、一つのシミが原因で処分されてしまう。今回はこのようなネクタイのリメイク法を考えた。


 

 


 

 


齋藤 瑞紀 さん
国際トータルファッション専門学校(新潟県)

リメイクに込めたメッセージ

襟やカフスが汚れて着なくなった父のYシャツと生地がのびたお気に入りのプリントのTシャツ。婦人サイズのセーラーカラーワンピに作りかえ、お気に入りのプリントをアップリケして、愛着ある全く新しい洋服に生まれ変わります。


 

 


 

 


王 松瑜 さん
大阪モード学園(大阪府)

リメイクに込めたメッセージ

歩きにくいロングスカートをサロペットにリメイクし、可愛くシンプルなイメージでオールシーズン着用できるようにデザインをしました。20代の女性をターゲットしました。


 

 


 

 


齋藤 佳律 さん
大阪モード学園(大阪府)

リメイクに込めたメッセージ

母が父と初めてデートした時の服と、私が初めてデートした時の服を神戸のお嬢様風にリメイクしました。白と水色で清潔感とバルーンスカートで愛らしさを表現しました。小さなヒョウ柄がアクセントで甘辛テイストにしました。


 

 


 

 


村井 美月 さん
大阪モード学園(大阪府)

リメイクに込めたメッセージ

テーマは“フェミニンセクシー”なので前身頃をレーススカートで透け感を出しました。後身頃は一番きれいに見える背中の背骨を強調することにより後ろからも魅力を感じられるスタイルにして、裾はフェミニンなフレアにしました。


 

 


 

 


日下 淳一 さん
神奈川県横浜市

リメイクに込めたメッセージ

日本の伝統的花嫁衣装である内掛を紳士スーツにリメイクし、約400灯のLEDライトで全身を電飾しました。電源を工夫して身に着られるようにしたモバイル・スーツです。白無垢タイプを含め現在10着あります。


 

 


 

 


吉野 奈緒美 さん
エスモード・ジャパン(東京都)

リメイクに込めたメッセージ

つま先に穴が空く、踵が薄くなる、それだけでゴミになる靴下。そんな可愛そうな靴下達を、フル活用して考えたのが、このエコ作品。着ないだけでなく、着られなくなった靴下を愛情込めてリメイクしました。


 

 


 

 


森岡 千草 さん
エスモード・ジャパン(東京都)

リメイクに込めたメッセージ

父親が着なくなったワイシャツが手元にあったので使用しました。シャツの基本的な形を活かしつつ女性の体の線の美しさを強調したかったので、ウェストにピンタック、ヒップにフルルを入れました。


 

 


 

 


大柿 朋代 さん
国際トータルファッション専門学校(新潟県)

リメイクに込めたメッセージ

パーカーのゆったりした感じをパンツにももっていけないだろうかと思い考えました。家でリラックスしている時や外で遊んでいる時などいつでもつかえるように、ゆったりしているんですがデザイン性にもこだわってみました。


 

 


 

 


武永 佳奈 さん
山口県山口市

リメイクに込めたメッセージ

着物の持つどこか懐かしく暖かみのある雰囲気が私は好きです。そんな雰囲気を残しつつ、もっと着やすい形に出来ないかと考えリメイクしました。お気に入りでしたが底がボロボロになってしまったバックも再利用しました。


 

 


 

 


森本 秀樹 さん
神戸カレッジ・オブ・ファッション(兵庫県)

リメイクに込めたメッセージ

写真のシャツは僕が母に作って贈った物で、毎日の様に着てくれていましたが、着れない程に汚れてしまいました。学校でこの企画を知り、残った布を使い、リメイク&リサイクルし、再び母に贈ろうと思い応募しました。


 

 


 

 


南 奈美 さん
大阪モード学園(大阪府)

リメイクに込めたメッセージ

最近テレビや雑誌で婚活という言葉をよく目にします。結婚=ドレスというイメージから、リメイクでドレスを作ってみたいと思いました。カジュアルで夏にぴったりのマリン風ドレスで明るく華やかな女性に!!


 

 


 

 


小田垣 鈴鹿 さん
大阪モード学園(大阪府)

リメイクに込めたメッセージ

古くなった物でも一時は私を華やかに着飾ってくれたもの。そんな服だから、また新たに華やかに輝いてほしい。


 

 


 

 


齊藤 有也乃 さん
大阪モード学園(大阪府)

リメイクに込めたメッセージ

服飾の学校に通っていると、端布が沢山出てしまいます。しかしそれに少し手を加えるだけで奇麗な薔薇の花になります。それをシンプルなワンピースにつけて華やかで可愛らしいドレスにしてみました。


 

 


 

 


鈴木 貴文 さん
イギリスロンドン

リメイクに込めたメッセージ

現在、私達は要らなくなったら捨てるという時代の中で生きてきました。しかし、これからはリメイクのような考え方が必ず必要になる時代だと思います。色と色の組み合わせや工夫次第で異なる表情を創り出せるリメイクが私は好きです。


 

 


 

 


宮下 直昌 さん
東京都練馬区

リメイクに込めたメッセージ

Tシャツをカットして、パッチワークで反物をつくり、浴衣に仕立てます。Tシャツ感覚で着る究極の“ゆるカジ”ファッションとして浴衣を選択しました。パッチワークの縫代はニット地のたるみを軽減してくれます。


 

 


 

 


福山 光 さん
福岡大村美容ファッション専門学校(福岡県)

リメイクに込めたメッセージ

両品とも非常にシンプルだったのですが組み合わせると色みがとっても合うと思ったので、感覚的に作ってみました。テーマはPOPです。遊び心のあるメンズの七部丈パンツです。


 

 


 

 


片岡 由香 さん
エスモード・ジャパン(東京都)

リメイクに込めたメッセージ

トップス2種類から、ボトムスをつくりたいと思い挑戦しました。シャツ本体の衿や前開き等のディティールを活かせるようにデザインしました。また袖付けのパターンをそのままデザイン線として活かしたところが特徴となります。


 

 


 

 


金井 久美子 さん
エスモード・ジャパン(東京都)

リメイクに込めたメッセージ

父親の昔使っていたネクタイとワイシャツをメインに使いサラリーマンの「制服」をリメイクしてみました。ネクタイを胸元にし、ワイシャツをスカートにしました。ベルトの変わりにワイシャツの袖を使いました。


 

 


 

 


今泉 百恵 さん
エスモード・ジャパン(東京都)

リメイクに込めたメッセージ

使い古して色褪せてしまったアイボリーのブラウスとチュニック。色鮮やかなニットと組み合わせ暖かく華やかなブラウスに変えました。色気の無い秋に花が咲いたようなイメージです。


 

 


 

 


岩崎 優里 さん
大阪モード学園(大阪府)

リメイクに込めたメッセージ

バネバネのミニドレス。ボリュームたっぷりのスカートを切り、それをバネ状にしたり、裾の布地をバスト部分に持ってきたりして、ミニドレスに仕上げました。あのシンプルなスカートがとびっきりおしゃれに大変身!!


 

 

二次審査会の模様

 








 


 

 

一次審査会の模様

 





 

 

審査委員より応援&メッセージ(敬称略)

 

株式会社アシックス
プロダクトマーケティング統括部 デザインセンター
歳森 美希

 神戸の文化水準の発展を支える、クリエーションに期待を寄せつつ日本発信のファッションが元気になるよう応援しております。


株式会社ファミリア
商品企画部 デザイナー
関 さやか

 思いが詰まった作品に触れ合えて元気が出ました。素敵なアイディアが沢山あり、是非形にしてほしいと思うものばかりでした。モノを大切にする気持ちが広がればいいな、と思います。


株式会社フェリシモ
コーポレートコミュニケーショングループ広報
関谷 恵里

 斬新な発想、ストーリーのあるもの、神戸らしさを追求したものなど、目を引くアイディアが盛り沢山でした。エコ視点だけでなく、着る人見る人が元気になるファッションを期待しています!


FMDJ
大久保かれん

 斬新なアイディアがいっぱいで、審査するのは楽しいものでした。新しく生まれ変わったお洋服たちも嬉しそうで、見ているだけで温もりを感じられるのがリメイクファッションの魅力ですね。


株式会社スタニングルアー
デザイナー
高柳 克史

ファストファッションが台頭する中、「リメイク」や「ヴィンテージ」は時代の流れに沿った価値観だと思います。その流れをリードするような作品を、楽しみにしています。


株式会社そごう・西武
販売促進部 売出計画担当
藤原 洋

思い出のある服をリメイクして「お気に入り」として再デビュー。素敵なことだと思います。リメイクが一つのトレンドとなるような素晴らしいものを作って下さい。


神戸市産業振興局
主幹(生活産業担当)
加島 洋子

愛着ある服を、愛情をこめて再生しようとする多くの作品を拝見して、日本はまだまだすごいぞ、と感動しました。わくわくする作品がいっぱいで楽しみです。


株式会社ぜんまい
クリエイティブディレクター
高階 敏子

古着に詰まった思いを受け継いでいけるリメイクファッションには独特の楽しさがあり、環境に気を配ったこれからの新しい"ラグジュアリーファッション"だと期待します。