日本のギャンブル / 公営ギャンブル

世界の多くの国々と同じく、日本でも当然ながらインターネットギャンブルの人気が高まっています。

多様な日本のオンラインカジノを専門にガイドするウェブサイトまで存在します。オンラインゲームからの派生として、モバイルでのギャンブル人気も高まっています。

パチンコ

以前もご紹介したように、パチンコは日本で最も人気のあるゲームです。パチンコの知名度は国境を超えて知れ渡っており、海外の日本文化ファンたちは頻繁にパチンコ店を訪れています。しかし、その実態はどんなものなのでしょうか?

これは伝統的なスロットマシンと奇妙なほどに似ています。最悪の事態を回避するため、大半のゲームは1プレイあたりの金額が低く設定されています。西洋のスロットとは異なり、パチンコでは報酬としてスピンの回数が増えるのではなくパチンコ玉が追加されます。ゲーム内で当たりが出ると、玉が増えるかボーナスゲームが発生します。

日本では景品として金銭を提供することは認められていないため、タバコ、チョコレート、鉛筆、ライターなどと交換することになります。現在のパチンコゲームは液晶ディスプレイを採用し、音楽によるサウンドトラックや万華鏡などの演出があります。 

感覚器への暴力的な刺激

パチンコに挑戦してみようと考えているなら、注意が必要です。多くの店舗では今も喫煙可能となっており、中には換気が不十分な場所もあります。禁煙の店舗でも、店内に足を踏み入れるとこれまでに体験したことのないような視聴覚への暴力的な刺激が待っています。

大量のゲーム機が、耳をつんざくような大音量を発しています。利用者によると、彼らは平穏な、禅的境地に達することができるといいます。それはおそらく本当のことでしょう。それ以外に、あの感覚を破壊するような状況に耐えられる方法があるとは思えません!

競馬

競馬は日本で最も人気のギャンブルスポットと言ってもいいでしょう。他国のように「王様たちのスポーツ」としての貴族的な雰囲気はなく、ベッティングに重きを置いた地に足のついたイベントです。予想を当てたいという人向けに、レースへの賭け方についてのレッスンも開催されています。

2019年の競馬の収益は270億ドルでした。実際に現地に足を運んでみれば、一生に一度の体験ができるでしょう。

競輪

ブックメーカービジネスが盛んな日本では、ベッティングが行える全日本競輪選手権があります。競輪はいわば自転車レースの一種です。専用のレース場は数少ないですが、競輪へのベッティングは余暇の過ごし方として人気があります。

スポーツ振興くじ「Toto」:サッカーくじ

基本的には、「Toto」はサッカーベッティングの一種です。参加者は勝ちチームや特定の試合の結果を予想します。オンラインまたは認可済み店舗でくじの購入ができ、新興くじは実店舗とインターネットゲーミングの架け橋になっています。

日本に数多くのギャンブルファンがいることは明らかです。また、外国由来のギャンブルだけでなく、国内ギャンブラーは日本独自の様々なゲームで賭けを楽しんでいます。